五月人形の説明

鎧・兜飾り

鎧・兜飾り
鎧飾り

端午の節句には、身を守る「お守り」として、鎧や兜を飾ります。
現在でも、昔の武将によって奉納された甲冑(鎧・兜)が各地の神社仏閣にたくさん残っており、このような甲冑を参考にして、現代の鎧や兜は制作されています。
鎧飾りは、鎧を中心にした飾りで、一般的には、両側に弓太刀(弓と太刀の飾り)を添えて飾ります。豪華に飾りたい方にぴったりな、本格的な五月飾りです。

兜飾り

兜飾りは、兜を中心にした飾りで、一般的には、両側に弓太刀(弓と太刀の飾り)を添えて飾ります。 シンプルで飾りやすく、飾り場所や収納スペースも気になりません。

兜飾り

鯉のぼり

鯉のぼりとは、一説によると、中国に古くから伝わる登竜門の伝説になぞらえ、鯉が竜門の滝を登り切って竜門をくぐると竜に変身するように、我子 も健康に育ち、将来は大きく出世するようにとの気持を込めて飾ります。
また、「わが家に男の子が生まれました。」と近隣の住人に伝えて家督を継ぐ者ができたと知らしめる意味があるとも伝えられています。

鯉のぼり

子供大将

端午の節句には、我が子の無事な成長を確認し、五月人形と共に、その健やかな成長を祝います。
五月人形は、生まれた子の無事な成長を願い、身代わりとして厄を背負ってもらう『お守り』です。
大将飾五月人形とは、お人形を中心にした飾りで、一般的には、両側に弓太刀(弓と太刀の飾り)を添えて飾ります。
「 兜や鎧では、華々しくない。お雛さまのように楽しく飾れる五月人形はないかな… 」とお探しの方には、ぴったりの飾りです。

子供大将

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム
➡このページのトップへ