五月人形
  • HOME
  • >
  • 五月人形

五月人形

創業明治拾五年の三木直商店だからできる五月人形の品揃え

三木直商店は、長年にわたり松屋町で五月人形を販売してきました。沢山のお客様の端午の節句を飾っておりまして、多くのお客様から信頼を得ております。また、当店はこれまで培った経験から人形作家に 当店だけの限定商品を用意して頂き、来店されたお客様に喜んで頂けるよう多くの人形を揃えております。

三木直商店では、当店限定の五月人形を多数用意しております。
「三木直謹製 正絹縅・純金箔押・裾裏・弦走 大鎧」など、豪華で華やかな人形を揃えてお客様をお待ちしております。

店内に展示してある鎧・兜飾りのセットを、お客様の嗜好にあわせて、弓太刀の変更、屏風・飾り台の変更等、オリジナルのセット組をいたします。

五月人形紹介

幅広い品揃えを用意し、店内にてゆっくりと商品をご覧頂けます。

三木直商店では、お客様にゆっくりと商品を選んで頂くように、「鎧・兜人形店」、「こいのぼり店」の2店舗にてお客様をお待ちしております。

「鎧飾り」、「兜飾り」、「こいのぼり」、「子供大将」などの幅広い商品を取り揃えております。ここでは、当店が取り扱っている五月人形の一部をご紹介します。

三木直商店までのアクセスはこちら

店舗案内

鎧飾り
鎧飾りの解説はこちら
兜飾り
兜飾りの解説はこちら
こいのぼり
こいのぼりの解説はこちら
子供大将
子供大将の解説はこちら

端午の節句について

端午の節句の意味

現代では「こどもの日」として祝われる5月5日。この日はもともと五節句の端午の節句にあたります。端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことでした。それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。

鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習です。身の安全を願って神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりに由来しています。鎧や兜を“戦争道具”と受け取る考えがありますが、武将にとっては自分の身を護る大切な道具であり、シンボルとしての精神的な意味がある大切な宝物でした。

現在は鎧兜が“身体を守る”ものという意味が重視され、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。

-端午- 菖蒲(しょうぶ)の節句

往古、中国から伝わった端午の節句の本義は、季節柄、とかく疾病の流行しやすい旧暦の5月に、邪気を払い、息災を願う事でした。
日本ではやがて、その時期に盛りを迎える菖蒲(しょうぶ)を様々な形でふんだんに節句の行事に用いることから、菖蒲の節句とも呼ばれていました。
菖蒲には、古来から健康を保ち、邪気を祓(はら)う力があると信じられていました。
菖蒲はいわゆるハーブのように、その葉から出る強い香りが活用されたのです。
菖蒲湯に入浴し、菖蒲酒を飲み、菖蒲枕に眠るなど、端午の節句は、まさに菖蒲づくしの一日でした。

江戸時代に入り、勢力の中心が貴族から武家に移るとともに、「菖蒲(しょうぶ)」の音が、武を重んじる「尚武(しょうぶ)」あるいは「勝負(しょうぶ)」に通じることから「端午の節句」は、「尚武(しょうぶ)」の節句として、武家の間で盛んに祝われるようになりました。
この節句は、家の後継ぎとして生れた男の子が、無事成長していくことを祈り、一族の繁栄を願う重要な行事となったのです。

作家紹介

当店は、最高の人形をお客様にご提供するために、日本中の人形作家の中から選りすぐりの先生に頼んで、お人形を作製して頂いてます。その中のお三人をここで紹介させて頂きます。

<プロフィール>
昭和44年(1969年) 7月14日 埼玉県越谷市にて大越家十九代目長男として生まれる
平成5年(1993年) 9月1日 父二代目忠保 大越弥太郎に師事
平成19年(2007年) 6月1日 代表取締役に就任

<プロフィール>
「鈴甲子雄山」は四代目まで続く名門甲冑工房。
全国新作節句人形コンクールにおいて内閣総理大臣賞特別賞受賞。
東京都知事より青年優秀技能賞受賞。
機会ある度に日本全国に所蔵される鎧、兜を実地に調べ研究精進を重ねて現在に至る。
四代目「雄山」は「壱三(いちぞう)」の名で、「わんぱく大将」シリーズを制作する人気人形師としても知られている。

<プロフィール>
全国新作節句人形コンクールにおいて内閣総理大臣賞、通商産業大臣賞、数々を受賞。
東京都知事より最優秀技能賞を受賞。
東京都伝統工芸師に認定される。
機会ある度に日本全国に所蔵される鎧、兜を実地に調べ研究精進を重ねて現在に至る。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム
➡このページのトップへ